メニュー

管理者ごあいさつ

江南丹羽環境管理組合のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

このたび、令和3年7月20日付で、江南丹羽環境管理組合管理者に就任いたしました大口町長の鈴木雅博です。
当組合は、愛知県の北西部に位置する江南市、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町の一市二町で構成する一般廃棄物を共同処理する一部事務組合です。

昭和55年度から57年度に当組合が建設した環境美化センターは、1日150トンのごみを処理することができる一般廃棄物焼却処理施設です。 この施設は、公害防止を最重点に考慮した施設であり排出ガスはもとより、焼却に伴い発生した灰についても、管理型最終処分場に埋立て処分するなど適正な処理に努めています。

当施設は、安全・安心なごみ処理を行うため、平成11年度から13年度に、ダイオキシン類の一層の削減を目的とした排ガス高度処理施設整備工事を、平成21年度から23年度には、安全で安定的な燃焼維持を目的とした、基幹整備補修工事を、さらに、平成25年度には、環境美化センター建屋の劣化部補修工事等を実施しております。

一方、現在、ごみ焼却処理施設の広域化に伴う新処理施設の建設を、構成市町に愛知県犬山市を加えた二市二町で進めており、平成29年4月1日には、「尾張北部環境組合」が設立され新処理施設供用開始に向けて、各事業が進められております。

当組合におきましては、新処理施設に事業を引き継ぐまでの間、安心・安全な施設運営に心がけてまいりますので、引続きご理解、ご協力をお願い申し上げます。

最後になりましたが、このホームページにおいて事業状況の報告、各種環境測定結果等を掲載していますので、江南丹羽環境管理組合を知っていただき、ごみ処理の現状にご理解いただければ幸いであります。

管理者 大口町長  鈴木雅博